<< 残席状況のおしらせ | main | 昨日の出来事 >>

「男の一生」に捧げる

201012021839.jpg
廃校になった小学校の稽古場で、かつて小学生たちが使っていた机を並べガムテープでつなぎ合わせ劇中の舞台として稽古した。そして本舞台はその机の高さのままセットを作った。小道具の木刀は教室の箒を使い、そのまま本番にも箒になった。殆ど現地調達である。安上がりである。蓬莱さんの脚本は、それと反対に極上にしあがった。そして、いい役者たち。蓬莱さんの描く登場人物にびったりとはまった。私の役者人生の大きなポイントになるだろう。ちなみに今日は和田ひろこさんの誕生日。舞台が始まる前にみんな集まり和田さんに内緒でバースデイケーキを用意した。舞台にはハッピーバースデの音楽が流れる。三田村さんがロウソクが灯されたバースデイケーキを掲げて和田ひろこさんに捧げんとしたときとんでもないことにケーキが三田村さんの手から舞台に滑り落ちた。その時の和田さんの写真です

at 19:04, ファイナル公演「男の一生」メンバー, 「男の一生」メンバー

comments(2), trackbacks(0), - -

comment
WAKO, 2010/12/03 3:12 PM

昨日の舞台を拝見しました。アンケートを書き終わって後ろを見たら役者さんが出ていらしてたので早いとビックリしていたのですが、お祝いがあったのですね。
ところで1つお願いがあるのですが、客入れのときに使っていたフランス語の曲の歌手名と、劇中で何度か出てきたインストの曲名を知りたいと思っているのですが、教えていただけませんでしょうか。インストのほうは知ってる曲なのにタイトルが思いつきません。お手数掛けて申し訳ありませんが宜しくお願いします。

webmasterユイ, 2010/12/05 2:04 AM

制作さんが音響さんにきいてくれました。
----
客入れの、曲は「ナデージュ」という歌手の曲だそうです。
劇中のインストは、吉松隆の作曲で「星降る夜の子守歌」という曲ですが、多少編集してあるそうです。
-----
だそうです(^^)










trackback
url:http://blog.mitamuragumi.com/trackback/1488273