<< 山里ケンイチロウです。 | main | 8月6日におもう >>

演後談&#10071;蒲田哲。

演後談大変遅くなってしまい申し訳ありません。
『父との夏』ご来場ありがとうございました♪哲夫役の蒲田です。
5年振りの再演。最初の本読みでなんか妙な違和感を感じました。それは自分の記憶にある哲夫像とでも言うか初演のイメージと今の自分とのギャップに戸惑いました。なんか凄く若いなぁ、大丈夫か俺?危うく入り口を間違える所でしたが、
稽古場で三田村さんが初演でやったことは忘れろ、俺達は新しいものを今創ってるんだと激を飛ばして、それで段々に初演の呪縛が溶けて自分で決心出来たのでした。7年振りに実家に帰る事を。

とっても評判も良く沢山のお褒めの言葉も頂きました。高橋いさをさんの脚本と演出、復活の三田村さんの存在感、稽古場からお付きあいいただいた小沢さんの音楽、奈々さんの舞台美術、和田さんの奥行きのある照明、舞台監督の清水さん、野川家をありがとう古屋さん、哲夫のシャツありがとうございました大野さん、上田さんの制作力。
そして、毎公演、ビール、枝豆、梨、麦茶、準備してもらってありがとうございました。けんちゃん、石井ちゃん、田口さん、美里ちゃん。皆様のお陰です。
次回は俺も消えものやります。そして、劇場に足を運んでいただいたお客様本当に本当にありがとうございました。再再演、地方公演お待ちしてます。蒲田。

at 10:51, 三田村 周三, 再演「父との夏」メンバー

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.mitamuragumi.com/trackback/1488465